矯正治療について

歯並びが悪いことを歯列不正、かみ合わせが悪いことを不正咬合、咬合不全といいます。

歯列不正では口元の形がよくないばかりでなく、歯の清掃が十分に行えないため、虫歯(う蝕)や歯ぐきの病気(歯周病・歯肉炎・歯槽膿漏)にかかりやすくなります。八重歯などでは犬歯が外に飛び出しているので、口内炎の原因になることもあります。


不正咬合では上あご(上顎)と下あご(下顎)の歯がうまくかみ合わないので、本来の歯の働きが発揮されないため、食物をうまくかみ切ることができません。また、かみ合わせが不安定なので、あごの関節(顎関節)に負担がかかり、耳のところの痛み、雑音、口が開きにくいといった症状を訴える方も少なくありません。

矯正治療とは、矯正装置を使って上顎と下顎のバランスを整えたり、自分の歯に力を加えることにより、本来あるべき位置に歯を移動し、八重歯や乱杭歯などのふぞろいな歯並びを整え、出っ歯や受け口などのかみ合わせのずれをなおす治療です。

お口の中の環境を整えることで、食物をよくかめるようになり、美しい口元や笑顔を獲得することができます。また、う蝕や歯周病の予防にもつながり、一生自分の歯で健康に生活できることを目標に行う、歯科の専門的な治療です。

ごとう矯正歯科
〒180-0022 東京都武蔵野市境2-8-16
0422-36-6070

Copyright (c) All Rights Reserved.

歯科専用ホームページ.com